「株式会社吉岡地所」が運営するライフスタイルブログサイト『ROOM STORE』です

お気に入り

【不動産】徒歩○○分の意味

2018.09.10

不動産のサイトや、図面で物件を見ていると『○○駅徒歩〇分』や『スーパーから徒歩○○分』などのような記載を見ると思います。

これを所要時間(徒歩所要時間)と言いますが、この徒歩〇分とは何を基準に表示されているかご存知でしょうか。

徒歩の基準

ちゃんと「不動産の表示に関する公正競争規約(表示規約)」というものでルール可されております。

『道路距離80mで1分』というカウントとなります。

こちらは直線距離ではなく道路距離です。

また、80m未満の場合は、繰り上げて1分となります。120mだったら2分になるというわけです。

「じゃあ、信号や踏切があったらそれもカウントしてるの?」

って疑問も浮かびますが、こちらは考慮せず、とにかく『道路距離80mで1分』で計算されております。

例えば、不動産屋の従業員が、『私が歩いたら、○○分で着いたから・・・』なんて基準で、記載していたら一人一人歩くスピードが異なってくるわけなので、物件ごとに記載がバラバラになります。

この『道路距離80mで1分』は、健康な女性が「ハイヒールのサンダルを履いて歩いた時」の実測平均分速が80.3mとなっていることから採用されたといいます。

わたしの感覚になってしまうのですが、女性がゆっくり歩いたら80mで1分ではいかないのかなって印象です。また、信号や踏切があったら到底間に合わないですかね。

あくまで、基準の一つですので、気に入った物件があったら、自分の足で確かめることがオススメです。


関連するページ


不動産物件サイト
「吉岡地所」のトップへ戻る

情報サイト
「ROOM STORE」のトップへ戻る